建築課の濱田滉大ブログ

ボールペンの替え芯入れ替え作業と申し訳程度の建築規格(笑)

post : 2021.07.31

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


土曜日という事で、個人的なことをblogにしたいと思います(いつもそうでしょと言われれば返す言葉もないんですが笑)

普段、私はメモ用としてボールペンを持ち歩くことが多いのですが、中々いい物に巡り会う機会がありませんでした。そんな時に出会ったのが、ドイツのSTEADTLER(ステッドラー)社の「アバンギャルド」でした。

アバンギャルドは「3色+シャープ」の多機能でありながら、非常にスリムで持ち運びがしやすい物でした(^^)/言うことなし…と思ったのですが、意外な欠点がありました。それは「純正のインク芯だと書き始めに文字がかすれたり、文字が薄めになる」ということでした(^^;このまま我慢しても良かったのですが、このボールペンには「4C規格」という共有規格が使われているらしく、どうやら他社製品との入れ替えが可能ということで試してみました!


ちなみに、建築工事に使われる木材やコンクリートといったものにも、指定建築材料としての規格として「JIS」とか「JAS」とか呼ばれる物があります。

という申し訳程度の建築要素(笑)


話題を戻すと、まずは純正の芯(黒・青・赤)を引っこ抜いて外し、シャープペン芯はそのまま残しておきます。

交換用の芯は「ジェットストリームプライム 」を使用しました。やっぱりこういうのは国産ですね(^_^)

あとは、抜いた色のところに同じ色の替え芯を入れていくだけです。思ってたより簡単で5分とかからずに作業は完了しました。でその作業の結果、

上記のような、文字がかすれたりすることがなくなり、そこまで筆圧をかけずにスルスル書けるようになりました(^_^)


という事で、特に書き味を気にする必要もなくなったので(メモが必要な)電話等でのお問い合わせもバッチリ……と思ったのですが、今日はそういったお問い合わせは入ってませんでした…というオチです(笑)

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい 


© 2013-2021 - 株式会社 旭工務店