新築

幸畑の現場は「建て方」が順調に進行してここまで来ました!

post : 2021.07.30

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


幸畑の現場は、「建て方」が順調に進行しています!!

裏から見てみると、改めて「大きいなー」と感心してしまいます。写真だとスケール感が伝わりませんが(笑)


で、これまでは大工さんが工事の中心でしたがここからは電気屋さんや水道屋さんといった住宅の設備業者さんの作業もスタートしていく事になります!実際に私が現場に行ったタイミングでは電気屋さんが電気の配線工事を行っていました(^^)/

この「建て方」の工事がひと段落すると、上棟式が行われます(^_^)

ちなみに、上棟式とは、建物の造営が成就した際に執り行われる建築儀礼。この式礼は棟上げ(むねあげ)ともいう。また、建前(たてまえ)、建舞(たてまい)ともいう。なお、英語ではトッピングアウトが上棟式に相当するが、柱を建て始める立柱式(柱建て)を指している場合もある。(毎度のWikipedia参照です笑)

要するに、建物の大まかな構造が出来たことをお祝いするための儀式という感じです!

上棟式前という事で、これまで外観が中心でしたがちゃんと建物の中も出来上がって来ております!


ここから工事が進んでいく様子も私のblogでお伝えしていきますのでそちらもお楽しみに!

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


幸畑の現場は「建て方」の段階まで来ました!!

post : 2021.07.20

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


幸畑の現場は、「土台敷き」が終わりまして、「建て方」の段階に移行しています!!

ちなみに建て方とは、"建築現場において、対象の建物における主要な構造物を組み立てることを意味しています。木造住宅の場合は、土台の裾付から柱、梁、棟上げまでの作業工程を指します"毎度の事ながらWikipedia参照です(笑)

要するに建物を形造るための工事の段階という感じです(^^)/毎度のこの解説をしているので、そろそろ要らないって方もいそうですが(^-^;


今回の建物は、GOODDAYHOMESのような「mingnon」タイプの建物ではなく、アーリーアメリカンの「OrderHouse」となります。何となく写真からも建物の作りが違うことが分かりますね(^_^)

この写真では分かりずらいですが、旭工務店としてもかなり大きめの建物となっています(^^)/


アーリーアメリカンの「OrderHouse」の建物はなんだかんだで久しぶりな気もしますが、引き続き完成に向けて頑張っていきます!…まあ、実際に作業するのは私ではなく、大工さん達なんですが笑(熱い中、ご苦労様ですm(_ _)m)

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


幸畑の現場の方は、土台敷きの工程に入っています!

post : 2021.07.14

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


幸畑の現場の方は、足場と基礎工事が終わりまして、「土台敷き」の工程に入っています!

ちなみに土台敷きというのは、「基礎コンクリートの上に土台を設置していく作業」です。びっくりするくらいそのまんまですね(笑)


「敷き」というのだから、当然何かを敷くのですが具体的には、土台の上に木の枠を作成して、その中に床断熱材等を設置(敷く)していく作業になります(^^)/

実は土台敷きの解説をしていますが、この写真の段階では「土台敷き」そのものは終わってまして、床の組み立て作業に移っています(笑)本来は「建て方」の段階になっているのですが、床の組み立て作業までを「土台敷き」に入れるのが一般的な感覚に近いかと思いまして、合わせて説明しています(^_^)


この後は、壁→屋根という順番で建て方が急ピッチで進んでいきます!家の外観が作られて行くメインの工事とも言えますね(^_^)そちらの様子も私のblogでお伝えしていきますのでお楽しみに!

具体的に進んでいく様子の動画はこちらからどうぞ↓

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


「何故平屋で1500万ほどになるのですか」というお問い合わせに関して

post : 2021.07.12

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


先日、メールにてこんなお問い合わせをいただきました。

「何故、平屋で1500万ほどになるのですか二階建ての方が安くなるんではないでしょうか?土地も入ると、その倍になりませんか?」というお問い合わせでした。(ザックリとまとめると笑)

いつも通り、答えから行くと「旭工務店では企画住宅のGOODDAYHOMES(二階建て)、ONESTORYHOUSE(平屋)ともに建材、仕上げにこだわっているのでその価格になっております」「そもそも(建坪が同じであれば)平屋のほうが2階建てよりも値段は高いことの方が多いです!」という答えになります!(長いので、2つに分けましたが(^-^;)

何故、2階建ての建物よりも平屋の建物が金額が高い事が多いのかというと

・1階に生活の必要な部屋が集まることによって、建物が大きくなりやすい事。

同じ延床面積で考えた場合、2階建てよりも平屋のほうが、基礎や屋根の面積が大きくなります。基礎や屋根は材料費がかかる部分なので、この部分の工事面積が大きくなれば、当然建物の価格は高くなります。その為、そもそも平屋のほうが2階建てよりも値段は高いことの方が多いという事になります(^^)/

建物が多くなるという事は、土地も大きくなりがちなので土地代も高くなりがちではありますが、お問い合わせのように倍になるかというと....ケースバイケースなのでなんともいえません(^-^;急にアバウト(笑)

価格に関しては、旭工務店では「GOODDAYHOMES(二階建て)」、「ONESTORYHOUSE(平屋)」ともに建材や仕上げにまでこだわっています。「二階建てだから、平屋だから」という事で使う物のグレードを下げて、値段を落とすことは可能ですが、「旭工務店の家が好きで、旭工務店で家を建てたい」というお客様を裏切ってしまう事になるのではないか。と私達は考えておりますので値段の安さにはこだわっておりません!


まとめると「そもそも、平屋のほうが2階建てよりも値段は高いことの方が多いですが、旭工務店としては値段の安さよりも平屋で出来る快適な暮らし(移動がスムーズだったり、掃除が簡単だったり、コミュニケーションの取りやすさ)に重点を置いております!」という事になります(^^)/

お問い合わせいただいた内容にアンサーする形でのblogでしたが、いかがでしたでしょうか。まあ、お問い合わせいただいた方は私のblogを見てなさそうですが(笑)


そんなお問い合わせもいただいた旭工務店の平屋の動画はこちらです(笑)

- シンプル・コンパクト 平屋の家 -


友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


これからの季節で心配な工事はこの2つです

post : 2021.07.06

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


各地で梅雨の雨で被害が出ていることが報道されていましたが、私のblogは「家造りの情報をお届けする」blogなので(その割にスタバとかYouTubeの情報が多いけど笑)これからの季節に気になる雨の影響を受ける工事の内容を今回はお伝えしたいと思います!


1つ目は「塗り壁等」の外壁工事です。


塗り壁等の施工する時やその直後であれば雨水が混ざったり、雨水で薄まりしてきれいに仕上がらなかったり、通常よりも長持ちしなくなるすることもありますので、なるべく雨の日に外壁の施工を行うのは避けたいところですね。そもそも、サイティング等の外壁を施工する場合でも雨が降っているタイミングだと足場等に登る職人さんも危ないので、原則的に雨が降っているタイミングでは行いません。同じような理由で、足場の施工も雨の日では原則行いません(^-^;

その為、この工事のタイミングで雨が降ると誰が雨男なのかの熱い議論が始まります(笑)


2つ目は「基礎コンクリートの打設工事」です。

「打設」というのは、基礎のコンクリートを流して固めるための工事の総称みたいな感じです(^^)/そんな工事の真っ最中に、雨が降っているとコンクリートの強度に大きな影響を及ぼすことがあります。なので、こちらも原則雨の日にはやりません。その為、私たちのような建築会社と基礎屋さんは打設工事が近くなると毎日天気予報をめちゃめちゃ気にします。

ちなみに、幸畑の現場の打設工事中は雨が降りませんでした!って事は私は雨男ではないという事ですね(笑)


細かい工事を含めると他にもあるのですが、上記の2つが大体大きいところになります。また、不意に降ったりする雨や風の事を考えて、工事が終わったタイミング、タイミングでしっかりと養生(雨や風を防ぐための措置)を行うので、雨が降ったりしても大丈夫なことも多いです!!

もし、「自分は雨男(女)で心配だな」という方は事前に言ってもらえるとありがたいですが(笑)申告しなくても上記の理由でなんとかなりますし、そもそも旭工務店でも何名か雨男疑惑のかかっている人がいます(笑)

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


© 2013-2021 - 株式会社 旭工務店