新築

"手触りヨシ"な発泡性の物を使用してます

post : 2019.03.20

AirかminiかそれともiMacか、元手がないに悩んでいる。

建築課の濱田滉大です笑(分からない方はスルーで大丈夫です)


instagram等では何回か掲載していましたが、打ち合わせ室には普段見ることの出来ない建物の中身が展示されています。

この写真は壁の中身(断熱)の中身となっております!ちょっとどころでなくマニアックな気もしますが(笑)実際に住む家の中身ですので、大切なものですね!!

では現在進行中の勝田の展示場の壁の中身(断熱材)というと、

発泡性のものを使用しています!(instagramの写真だと奥の物です)

発泡性のものだと施工してから膨らむので隙間が開きづらい事と触ってて気持ちがいいという知られざるいいところがあります。

施工中の動画がないので、イラストで説明すると

こんな感じで壁に吹き付けて施工していきます(^^)


という事で家の壁の中身という知られざるスポットのお話でしたが、このblogを書きながら自分の指の短さと絵心の無さに愕然としたということは個人的な秘密にしておきたいです(笑)

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


外壁を灰色のカバーで包んでいます

post : 2019.03.19

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


週初めがまさかの映画blogしかも今更「ボヘミアンラプソディー」という衝撃(笑)から一日経ちまして(週5以上でblogを書いているとたまにあんなblogになります笑)本日は勝田のモデルハウスについてです!

今日も悠然と立っています(^^)/


モデルハウスの外壁には謎の灰色の物体が....

こういう写真をのっけると「今回の外壁は灰色なんですか?!」という感じで聞かれる事がたまにありますが(^^;実はコレ、傷や汚れから守ってくれるカバーなんです!!通常外壁にはサイティングが貼られる事が多いのですが、これはその作業が完了するまでの物になります。その為、役目を終えると誰ともなく消えていくある意味儚い存在なのです。


オシャレな外壁の前にこういった地味だけど大事な存在もいるというお話でした!

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


雪が溶けないと着工出来ません!

post : 2019.03.14

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


3月も中旬だというのに今日もアレが降りましたね。アレといっても雪なんですけど(笑)まだタイヤ交換をしてなくて本当に助かりました(^^;

この季節外れの雪がどこに影響を与えるかというと、進行中の現場....ではなくこれから着工する現場になります!(正しくいうと、進行中の現場にも多少影響はありますが)着工するにあたっては、現地調査→地縄張り(敷地内にこれから建てようとする建物のおおよその位置を出すための作業)→建て方(建物の建てるに当たっての基準となるものを出すための作業)→基礎工事→上棟!!!という流れになるのですが、最初の段階である地縄張りや建て方は敷地に雪が積もっていると出来ません(>_<)何故かというとそれらに使われる機材等は雪の上ではなく、通常の地面の上で使われる想定で設計されているからです。

「雪とか気にせずやれ!!!」と言われれば出来ない事もないですが、その分ミス等の元になるのでオススメはしません....

(※これくらいの雪であればヘッチャラです)

旭工務店で建てる、建てない関係なく工事を待っている方には申し訳ないですが、工事を待っている間に新しい家で始める新しい生活を思い描い描きながら待っていただけると幸いです。

でも基本的にそういった「不測の事態」というのも考えに入れて、工事予定は余裕を持って建てていますので普通にしている分にはあんまり関係ないかも知れませんね(笑)


A様、そんな事情でしたので着工はもう少しだけお待ちくださいm(_ _)mでも大丈夫です。「雪解けはもうすぐ!!」ですからね(^_^)


藤崎の現場は土台しきの段階に入っています

post : 2019.03.13

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


藤崎の現場では、足場と基礎工事が終わりまして、「土台敷き」の工程に入っています!

ちなみに土台敷きというのは、「基礎コンクリートの上に土台を設置していく作業です」びっくりするくらいそのまんまですね(笑)

この土台敷きが、大体基礎に関わる工事の最終段階だと考えて頂ければいいと思います(^^)/基礎の工事はその名の通り、家を支える重要な部分になるので非常に大切な工事となります!!

という事で気合を入れて私も現場に行ったのですが、私が到着した瞬間に、現場には強風が吹き始めていました(泣)どうやら、今年は「晴れ男」の看板を下ろさないといけないらしいです(笑)


関係ない話はここまでにして(笑)この「土台敷き」完了後、シート等で養生(雨や風更には汚損や傷から護るための作業)をしてからいよいよ建物の工事に進んでいきます!!

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


全貌はシートが取れてからです

post : 2019.03.12

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


instagram等では先行する形でお伝えしていましたが、勝田のモデルハウスはシートが掛かっています!

何故建築中の建物にシートをかけるかというと、外した時のインパクトがデカイから....という邪な考えも無きにしも非ずですが(笑)一番は作業中に材料が近隣に飛び散らないように、また、安全確保のためという目的で取り付けます。その為、「飛散防止ネット」という形でもよばれたりします!!

シートが掛かると、外部工事の一番気合の入った工程になるという感じで思っていただければいいと思います(^_^)


そして、シートが外れるタイミングで内部工事のスタートしていきます。電気屋さんや設備屋さん、さらには我らが加藤先生もここからが本番となります!!


友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


© 2013-2019 - 株式会社 旭工務店