平成生まれに「ナショナル」は通じませんのでご注意を

post : 2019.02.06

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


昨日のblogにて、大手住宅設備における3大メーカーの名前遍歴に若干触れましたが(古い商品はアダプターが必要なこともあります)、その中でも世代によって呼び方が違うのが、Panasonic株式会社さんではないでしょうか?(100%個人的な意見ですが笑)

は、この疑問に確かめるべく、歴史を勝手に振り返ってみましょう。Wikipediaでね(笑)

松下電気器具製作所→松下電器産業株式会社→ナショナル (NATIONAL)→Panasonic(今)

というのが、Wikipedia参照によると大まかな歴史らしいです。


この中でも、一番呼び方が分かれるのは「ナショナル (NATIONAL)」か「Panasonic」です。(何度も言いますが個人的な見解ですよ笑)私の体感ですが、

10~30台の方が「Panasonic」、それ以上の方は「ナショナル (NATIONAL)」のイメージが強いのではないでしょうか?そこの分岐点はどこらへんなのか、前述のWikipediaの記事によると、2003年ごろに グローバルブランドを「Panasonic」に統一......という事らしいので大体そこらへんだと思います(雑笑)今度担当者に聞いときます(^^;


いつも以上にフワフワなblogでしたが、今回のblogで言いたいことは「今の10代、20代にナショナル (NATIONAL)といっても、伝わらないのでご注意ください」という実体験をもとにしたお話でした。

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


© 2013-2019 - 株式会社 旭工務店