この季節のタイルの上は危ないです

post : 2022.12.02

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


今年も遂に雪の降るシーズンが来てしまいました。遂に来たかと思う反面、青森の冬はこうでないとと安心する妙な気持もあります(笑)だからといって降り過ぎだけど(笑)

こんな天候の時は、凍結によるスリップに気を付けなければいけないわけですが、実は床の素材によっては滑りやすい物とそうではないものに分けることが出来ます!


滑りやすいものの代表例としては、「(表面に凹凸が無い)タイル」になります。

理由としては、表面に凹凸がないんで引っかかるところがないのと、吸水性が無いので表面上に水の膜ができて、凍りやすいからです。(逆に歩道で使うコンクリート等はその吸水性が強いので水膜ができにくく滑りにくくなっています)

ただ、見た目もオシャレな物がタイルには多いので、玄関周りにぜひ使って頂きたいので、簡単な対策方法をお伝えしますと、「表面がざらっとしたタイルを張る」、「泥落とし用のマット(滑り止めシート)を敷きましょう!」

これだけです(笑)最終的な原因としては、表面に凹凸がない事なので凹凸があるものを選ぶか、マット(滑り止めシート)を敷くことでそこら辺の対策が出来ます!!お困りの方はぜひお試しください。


友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


© 2013-2023 - 株式会社 旭工務店