大野の現場はコンクリートがお休みしてました

post : 2020.06.24

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


大野の現場の方は、外構工事における「コンクリート工事」の段階が終了しました!!工事が完了したという知らせを聞いた私は、居ても立っても居られないので(笑)さっそく現場の方に行ってきました(^^)/

※現場は、不要な事故等を防ぐために普段はフェンス等で出入りを制限しております。

さっそく仕上がりを確認しようとした私の目に飛び込んできたのは…!(藤〇弘探検隊みたいな感じですが笑)

コンクリートの養生中の現場でした!!とはいっても良くわかんないので、解説すると、

"コンクリートの施工の際は、充分に硬化するまで、常に一定以上の温度、規定の水分含有量で保つ必要があり、必要となる温度・防水などの管理、および、その作業全般を指して「養生」という"毎度の事ながら、Wikipedia参照です(笑)

簡単に言ってしまうと、コンクリートが外部からの力に耐えることができる強度になるまで、外部からの衝撃や風や雨や日光から保護するという工程の事です。要するに、コンクリートが十分に固まるまでにお休みさせている段階という感じで考えていただければ、大丈夫です(^_^)


ちなみに、養生中の現場というのはブルーシートやビニール等で表面を保護していることが多いので、建築現場等でそのような光景を見かけたら、上に乗ったりしないようにお願いします<(_ _)>

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


© 2013-2020 - 株式会社 旭工務店