浪館の現場は木の質感よきにございます

post : 2019.07.11

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


本日はついに足場が外れた浪館の現場に行ってきました!

※普段は現場に職人さんや業者さん以外が出入りすると危険なので、「KEEPOUT」の柵を立てています。

足場が取れると、全体的にすっきりとした印象になりますね(^_^)

内部はというと、ドア枠(ドアを覆うための木製の枠の事)の塗装が仕上がりました。黒にしてあげると全体的に締まった印象を受けますね!これから実際にドアをつけたらどうなるのか、今から期待が膨らみますね(^^)/


そして若干、見学会等のタイミングでは見逃され気味の事が多いですが....

窓枠の下に使われている木の質感も非常に「よき」にございます。(着目点がマニアック過ぎますかね笑)質感だけではなく、実際の手触り等も「よき」にございました。

そして、2階に続く階段も

それはそれは「よき」にございました。


途中から「よき」にございました。しか書いてないので、具体的なことは伝わってきませんが(笑)手すりや枠等に使われている木が何だか「よき」なんだな~…という事が伝わって頂ければ、今回のblogは「よき」にございます。(はたして、本当に大丈夫なんだろうか笑)

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


© 2013-2019 - 株式会社 旭工務店