住宅ローン控除を受けるためには確定申告が必要です

post : 2021.01.15

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


ずっと降り続いていた雪もようやくひと段落しまして、道路の渋滞等も徐々に解消されつつあります(^_^)ですが、この時期、雪に関係なく、渋滞しているところがありますよね。そうです、税務署の周辺です(^-^;要するに確定申告の時期なんですね。

この確定申告は、会社勤めの場合は(私もそうけど笑)会社が計算してくれるので特段必要なものありませんが、家を建ってられた方は申請が必要になります!というのも、「住宅ローン控除」を受けるのに必要だからです!


そもそも住宅ローン控除というのを簡単に説明すると、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、住宅ローン等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年分以後の各年分の所得税額(10年間)から控除するものです。というのは、国税庁のホームページに書いていたものをそのまま持ってきたので(笑)詳しい説明はこちらから

要するに、住宅ローンを借入れて住宅を建てた方を対象に税金を優遇してもらえる制度という事なんですね。(言い方として正しいのかはわかりませんが笑)


ただ、それを受けるためには「確定申告」が必須となっておりますので、家を建てられた方はこの時期に行う必要があるんです(^_^)また、原則税務署は平日にしか受け付けてくれませんので、必要書類等を事前に確認して忘れ物がないようにしたいですね!

ただ、最近はオンラインで出来る、「e-tax」と呼ばれるシステムもあるのでこれを機会に挑戦するというのもありかもしれませんね。不安な方はFP(ファイナンシャルプランナー)や税理士といったプロの方に相談されるのも良いかと思います。いずれにしても、期日近くになると窓口等も混むので、早めに準備して余裕をもって迎えたいですね(^^)/

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


© 2013-2021 - 株式会社 旭工務店