何事においても絆の"輪"が大事ですね

post : 2019.03.15

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


※今回のblogはいつも以上に取り留めがありません。

本日、少々急を要する案件が出来まして職人さん達に無理をして動いてもらわないといけない事態が発生しました。こんな事が起きるたびに「あそこをああすればよかった....」と反省するのですが、予想外の事態は起こるものです(-_-;)(本当は起きないのが一番いいのですけどね)

そんな時、職人さんたちは(よほど忙しい時以外は)迅速に対応してくれます。本当にありがたいと共に、こういったことを当たり前に思わないようにしようと毎回心に刻みます。

実際の家造りの現場でもそうで、いかに職人さんと連携をとれるか?というものいい家造りにおいては必須なものだと思います。誰かがその家造りにおける「輪」から外れても家は完成しません。(大工さんしかり塗装屋さんしかり設備屋さんしかりですよね)当然、その輪の中心にはお施主様がいます。お施主様の「いい家を作りたい!!」という思いがあった初めて成立する「輪」ですからね。


ここまで私のblogとは思えないほどしんみりした感じでお届けしましたが(笑)

1つ言わせてください。職人さん達は(我らが加藤先生を筆頭に)津軽弁がきつすぎて、たまに大丈夫なのか、大丈夫じゃないのか。解読に時間がかかる事があります(笑)


友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


© 2013-2019 - 株式会社 旭工務店