雪が溶けないと着工出来ません!

post : 2019.03.14

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


3月も中旬だというのに今日もアレが降りましたね。アレといっても雪なんですけど(笑)まだタイヤ交換をしてなくて本当に助かりました(^^;

この季節外れの雪がどこに影響を与えるかというと、進行中の現場....ではなくこれから着工する現場になります!(正しくいうと、進行中の現場にも多少影響はありますが)着工するにあたっては、現地調査→地縄張り(敷地内にこれから建てようとする建物のおおよその位置を出すための作業)→建て方(建物の建てるに当たっての基準となるものを出すための作業)→基礎工事→上棟!!!という流れになるのですが、最初の段階である地縄張りや建て方は敷地に雪が積もっていると出来ません(>_<)何故かというとそれらに使われる機材等は雪の上ではなく、通常の地面の上で使われる想定で設計されているからです。

「雪とか気にせずやれ!!!」と言われれば出来ない事もないですが、その分ミス等の元になるのでオススメはしません....

(※これくらいの雪であればヘッチャラです)

旭工務店で建てる、建てない関係なく工事を待っている方には申し訳ないですが、工事を待っている間に新しい家で始める新しい生活を思い描い描きながら待っていただけると幸いです。

でも基本的にそういった「不測の事態」というのも考えに入れて、工事予定は余裕を持って建てていますので普通にしている分にはあんまり関係ないかも知れませんね(笑)


A様、そんな事情でしたので着工はもう少しだけお待ちくださいm(_ _)mでも大丈夫です。「雪解けはもうすぐ!!」ですからね(^_^)


© 2013-2019 - 株式会社 旭工務店