2018/02/09 Re:Asahistyle設置場所のご紹介

こんにちは。

濱田 滉大です。


月々発行している旭工務店の「Re:Asahistyle」

(イベントのお知らせやお施主様の生の声、コラム等、家造りに役立つ情報満載です!!)

お問い合わせはこちら→https://www.asahi-komuten.com/request/input

今月号は手に取って頂けましたか?

展示場にも設置していますが、それ以外にも設置させて頂いている場所が有ります!


先ずは

 RandBEAN [ 青森中三本店 ]様

〒030-0801 青森市新町一丁目7-1 青森中三本店2F

青森、弘前中三内のおしゃれな家具屋さんです!

旭工務店イベントの際に家具を提供していただきました。

もし、情報誌が見当たらなかった場合は

「旭工務店の情報誌が欲しいんですけど....」

と問い合わせて頂くとすんなり行くと思います!


もう1箇所は

TOTO青森ショールーム

〒030-0113 青森県青森市第二問屋町1丁目2ー4

※各週水曜日は定休日となっています。

こちらの場合は、「ぜひ旭工務店の資料が欲しいです!!!」

と言っていただけるとありがたいです。

※普通に言えば伝わると思います(^_^;)

TOTOショールームは3月にイベントもありますので

当日聞いてもらっても大丈夫です。っていうかぜひ聞いてください!!


(https://www.asahi-komuten.com/article/view?articleid=1945)

2018/02/01 家に対するジェネレーションギャップ

こんにちは。 

濱田 滉大です。


突然ですが皆さんの家の大きさのイメージってどれくらいですか?

ちなみにわが青森県の平均は


国土交通省 平成28年度 住宅経済関連データ より

平均で123.31㎡(37.3坪)なので大体35~40坪が相場ですね。(もちろん30坪以下の方も40坪以上の方もいらっしゃいますけどね。)


いきなりなんでこの話をしたのかという世代によって家の大きさのイメージが違う事が最近多く聞かれているからです。

親御さんからは建築の際に

「最近の家は小さい」、「私たちの時は40坪以上が当たり前で50坪以上も珍しくなかった!!」

というお声を多く頂いています。

(恐らく、この発言には一生に一度の買い物だから息子(娘)には立派な物を建てて欲しいという親心が含まれているんでしょうね。)


それに対して、これから家を建てるという方はどうでしょうか?

いまどきの家は昔とは違って単価があがる傾向にあります。性能の基準もあがれば使う材料も違うし、とにかく昔の価格では家は建てられない傾向があるのはあるんですよね~。

という背景があるので、新築で建てる場合も中々40坪以上の家を・・・とはならないわけです。

旭工務店で建てるお客様も33~35坪で考えている多い印象です。

ですので、大事なのは予算をおさめて、その中で幸せな暮らしをどう実現する家にするか?ということ。

そういう話の中で、今はやはり家を小さくするという選択肢。

イメージで言うと、狭さを感じないようにしつつ家を小さくして、よりよい家を建てるということかなと


先日、オープンハウスを開催させて頂いた「木洩れ日の家」も大体上記の大きさですが、オープンハウスには多くのお客様から「40坪くらいかそれ以上に大きく見えた」というお声を頂いたので設計の部分でカバーできる部分も多々有ります!

建物を小さくすると土地選びの選択肢が増えるというメリットもありますしね♪


この様に年代や暮らし方によっても家に対する考え方は違ってくるので、家づくりをお考えの皆様はこういうデータをもとに親御さんと話しあってみる事も大切ですよ。

もちろんこのblogをそのまま見せてみても良いですがその際は、ノークレーム、ノーリターンでお願いします(^_^;)

2018/01/26 増税と家造りのタイミングについて

こんにちは。

建築課の濱田こと「濱田滉大」です。

先日受けた講習でこんなことがありました。

今日いるのは社長じゃなくて、息子の方だよ!!!

後継者だとこういう事がたまーにあったりします。

ちなみここまでの内容は本筋と一切関係ありません笑


さてさて、ご存知の方も多いと思いますが2019年の10月から消費税が8%から10%に

引き上げられることが決まっています。(もちろん時期が変更になる可能性もあります)

住宅も適応を受けるわけで2%の消費税分が上がるわけです。


ではどうしたらいいのかというと

2019年9月30日までにお引渡しを終えればいいわけなんですが、新築をする場合

初めての打合せから7か月~1年はかかるんですね(ざっくりのイメージです)

更に土地を探すとなると、もっとかかる可能性もでてくる訳で最低でも

今年の10月には動き出さないと間に合わない可能性が出てきます!!


「9月中に終わればいいんでしょう?」とお考えの方もいると思いますが、

前回の増税時もそうだった様に直前期は駆け込み需要で

職人さんが足りないやら材料、商品が足りないやらで予定通りに工事が進まない可能性があります。

という事は9月30日まで工事が終わらない事も.....


なのでマイホームをお考えの方は、増税前にどうするのかを

早めにご家族でご相談されることをオススメします。

何にせよ早めの相談が

グー(good)です!!

(今回のblogはこれがやりたかっただけです(^_^;)

2018/01/10 ツーバイフォー(2×4)工法だと火災保険が安くなる?

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

建築課の濱田です。


先日こんなお問い合わせがありました

「ツーバイフォー(2×4)工法だと火災保険が安くなるってきいたんですけど本当ですか?」

お答えとしましては、本当です!!(※一部の場合を除く)

旭工務店の建物は一部を除きツーバイフォー工法で建てていますが、

なぜ保険料が安くなるのか簡単に説明すると

ツーバイフォー(2×4)工法では、一般的に各部屋の天井や壁には「石こうボード」というものを貼って施工するんですが


石こうボードは耐火性が高く、

各部屋の壁・床などが火の燃え広がりを防ぐ仕組みになっていて、それらがいくつも集まって一つの建物になっているわけです。

その為、通常の木造建築よりも燃えにくくなっているという事が言えるわけです(^_^)

(http://www.2x4assoc.or.jp/news/201411/01.html)

少しだけ専門的にいうと「省令準耐火構造」というものになります。

なので、設計や施工さえしっかりしていれば、

2×4工法なら特別なことをしなくても省令準耐火構造に適合するので保険料が安くなるという訳です!!

(但し、火災保険の更新等の場合、証明書類が必要になる事もあるので工務店に確認してください)


という事で、今回は火災保険料が安くなる理由について簡単に説明しましたが

上記の条件の他に細かい構造の条件等もあるので分からなくなったら工務店にご相談してみてください(^_^)/


実は上記の質問を頂いたのは、過去のお施主様からだったのですが実際に住んでる方でもわからないというのは

私達工務店の説明不足な部分でもあるので、今年もBlogやSNSを通じて皆さんにお伝えしていきますので今年もよろしくお願いします!!

2017/12/22 この季節になるとお問い合わせが増えるコイツの話

こんにちは。

建築課の濱田です。


毎日寒いですね。

この季節になると急激にお問い合わせが増えるものがあります。

それがコチラ



そうです、パネルヒーター(暖房機器)です!!

暖房機器は寒くなってからスイッチを入れるものなので、

去年の間に壊れていた事にそのタイミングで皆さん気が付く訳です!

寒くなる前に試運転を推奨してはいますが、中々そこまで気は回りませんよね。

特にパネルヒーター等は5年毎のメンテナンスが推奨されているのでいきなりスイッチを入れても全然動かないなんて事も....


「年末は忙しいから、点検は年明けに」と考えているみなさん!

非常に危険です(>_<)

年明けというのは空調屋さんが一番忙しい季節なんです!!

何故かというと

・都会にいる親戚が帰ってくる為、普段使わない部屋の暖房機器の故障が判明する。

・正月中に機器が故障しても休みで対応できない。

・意外と皆さん考える事は一緒(^_^;)

という訳で、いろんな人が年明けにメンテナスをお願いするわけですね。

なので、暖房の事だけでなくお家の事で気になっている事が早めに問い合わせて気持ち良く新年を迎えましょう(^_^)/

という話をinstagramでしたという宣伝でした笑