カタログ等の色の表現はあんまりあてにしないで下さい笑

post : 2020.10.14

こんにちは。

建築課の濱田滉大です。


家の外壁等に使うサイティングやタイル等を決めることは家造りにおいて、非常に重要な決断の一つである。と言えます!(家の外観を決める大きな要因の一つだからですね)でそのことにおいて重要なのは「カタログ等の画像だけで、判断しない方がいい」ということです!!

というのも。カタログ等の状態で見るのと実際の物とでは色合い等が違う事があるからですね。またカタログ内でも「○○イエロー」とか「ナンチャラベージュ」とかの色の表現がされていることが多いですが、正直あんまりあてになりません(笑)それを見て、(サンプル等を)取り寄せてみると「いうほどベージュか?」という事がたまにあります(^-^;

そもそも、色の感じ方は個人差もあるので決定する前にちゃんとサンプル等で実物を見てみるのをオススメしております(^_^)


色味や印象は遠くから条件等でも変わってきますので、実際に同じ外壁を使用している家を見に行ったり、取り寄せたサンプル等も条件を変えて見てみたりして、ちゃんと自分のイメージ通りのものか確認してから、決定した方がよいと思われます。もちろん、私たち建築会社も「あの商品はこんな感じだな」というのをなんとなく把握していますし、実際に使っているお宅に見学させてもらえることもありますので、困ったら、ご相談してみてくださいね(^_^)


上記のようなこともあるのか、たまにレンガ等のメーカーの表記では「赤系・茶系…」というざっくりとした表記しかしてない潔い会社も中にはあります(笑)

友だち追加

旭工務店公式LINE@では直接のお問い合わせメッセージもお待ちしております。

家づくりに関しての気になる疑問から、具体的なお悩みまで、お気軽にご相談下さい


© 2013-2020 - 株式会社 旭工務店